クレジットカードは便利|おすすめの会社を見つけるコツ

まとまったお金を借りる

一軒家

大きな出費が必要となった場合は、お金を工面する必要があります。ですが、貯金額でも賄えない出費の場合は、お金を借りることになります。その際に利用できるサービスの中に、「不動産担保ローン」があります。自分が所有している家や土地を担保にしてお金を借りる方法です。不動産担保ローンを利用するとなると、担保になる不動産は自分の名義だけしか差し出すことのできないイメージを持つ人もいますが、自分以外の名義の不動産を担保にすることも可能なのです。不動産が配偶者や両親の名義であっても、担保にしてお金を融資してもらうことができます。また、大きな金額を借りることはできますが、あくまでも不動産の価値によって融資額が決まります。

不動産担保ローンで借りたお金は自由に使うことができます。例えば、車をローンで購入する場合は、あらかじめローンの使用用途が決まっているので、車以外のものにお金を使うことはできませんが、不動産ローンの使用用途は個人の自由となります。そのため、事業を始める際の費用に充てたり、別で借りているお金の返済金に充てたり自由に使用用途を決めることができるのです。不動産担保ローンで融資をしてもらった際に、支払いができないとなると不動産を失ってしまうことになります。そうなると住む家を一瞬で失くしてしまうことにもなりかねません。不動産担保ローンを利用する際は、じっくり考えた上で利用することが大切になります。